使いやすい白衣の機能|オシャレで動きやすいスクラブが選ばれるワケ

医者

手軽に買える

シンプルに見えますがチームウエアです

先生

白衣は、実際に着る人にとっては、何かから身を守る為に着るものではありません。 昔から着る人の職業が一目でわかるように着ている方が多いのだと思います。 白衣の作りもいたってシンプルで、シングルかダブルの違いはありますが、膝丈ほどの長さで胸ポケットが一つと腰ポケットが左右一つずつついている、コート型が主流です。 そして、これを着る職業で一番有名なのが医師なので、この形をドクターコートとも言います。 この形はむかしからなんら変わることなく、今でも受け継がれています。 最近では、色のついた白衣も出てきていいますが、やはり清潔感を求めて、白の白衣が一番有名と言えます。 ただ最近では素材が昔とは違い、洗いやすさや、型崩れしないなど色々な機能が付いた縫製になっています。

変わらない定番の形が一番使いやすい

白衣の魅力はやはりその存在感と清潔感が一番大切だと思います。 これはこれからも変わる事がなく続いて行くと思いますが、機能性などはこれからはどんどん進化して行くと思われます。 袖の所にペンをさすポケットがつけられたり、胸のポケットに聴診器をいれられる大きさのポケットがついていたりなど、様々な事が考えられていくと思います。 価格帯も安い3000円から高級な2万円ぐらいするものまで幅広く作られており、今後のチーム医療に使えるようにロゴや名前を刺繍するのも増えています。 白衣は、中に着る服が少し見えるので、男性と女性でも着た感じが変わってきます。 そして、半袖と長袖でも雰囲気が全然違ってきます。 今では、腰の所が引き締まって、見た目におしゃれ感があるものも出てきています。